FC2ブログ

プラスワン日記

株式会社ハセベから耳寄りな情報と日々の出来事をお届けします




暦の上では春ですが・・・ :: 2012/03/22(Thu)

みなさんこんにちは

今回はリフォーム課が担当します

 

暦の上では春ですが、朝晩寒い日が続きます。

季節を分ける七十二候では3月25日~3月29日は『桜始開(サクラ始めて開く)』季節です。

 

まさに、桜の花が咲き始める季節の到来です。

 

さて、今回私は窓ガラスの“熱割れ”について調べてみました。

ガラス写真

窓ガラスの熱割れは、一般的に冬の晴れた日の午前中に、多く発生すると言われています。

特に、冬季は大気が澄んでいて、太陽の角度も低いので長時間日が当たり、建物南面の日射量は最大になります。しかも冬場の冷たい外気でサッシ周辺が冷えている為、ガラス面に高温部と低温部の温度差が大きくなり、ガラス面に“割れ”が発生するようです。

 

図

上の図は“熱割れ”の特徴です。

 

『防火設備』で使用される網入りガラスは透明ガラスよりも発生しやすいようですが、殆どが原因不明や、自然現象として考えられ保証の対象から外れたり有償工事となってしまいます。

 

“熱割れ”を防ぐ方法として

ガラス面にカーテンやブラインド、家具、鏡などを密着させて置かない。

冷房・暖房の吹き出しを、ガラス面に直接当たらないようにする。

ストーブの放熱がじかにガラス面に当たらないようにする。

 

 “熱割れ”の発生しやすい環境を知る事で、少しでも防ぐ事ができれば幸いです。 

他にも、補修工事に関わるご質問がございましたら

些細な事でも、お気軽にお問合せください。



関連記事

テーマ:生活の中で - ジャンル:ライフ

  1. リフォーム課
  2. | trackback:0
  3. | comment:4