プラスワン日記

株式会社ハセベから耳寄りな情報と日々の出来事をお届けします




ゲリラ豪雨 :: 2014/07/10(Thu)

みなさまこんにちは。
今回は、町屋店が担当させて頂きます。

毎年夏になると、新聞やニュースで「ゲリラ豪雨」による家屋への浸水被害や
道路の冠水の記事を目にする事が多くあります。
全国における「ゲリラ豪雨」の回数は、昨年夏だけでも、約3,000回近く
その内、関東近郊は(埼玉県・千葉県・栃木県他)全国的に上位を占める地域となっています。
(東京都は、約120回

「ゲリラ豪雨」というこの名称は、全国的に局地的大雨の被害が特に多かった2008年頃から、
広く日本中で呼ばれるようになりました。

「ゲリラ豪雨」による浸水被害は、1階に限ったことだけでは決してありません。
マンションや、地上から高い場所にある家屋でも、被害にあう可能性は「ゼロ」ではないのです。
実は、意外と見落としがちなのがベランダの排水溝付近なのです。
ごみや植木の土、落ち葉などが排水溝を塞ぎ、雨の逃げ道がなくなってしまった結果、
窓の隙間などから室内へ浸水する可能性があります。
(これが原因で下の階へ水漏れ…なども起こりえます。)

もし、ご家庭の排水溝が詰まっているようであれば、ホームセンターなどで売っている
排水用のワイヤーを利用し(お値段は、500円~3,000円位で販売しています)排水パイプの中をつつき、
トイレの詰まりなどを解消する「ラバーカップ」で吸引や押し出しを行った後、水を何度か流すと
パイプの詰まりは解消されます

特殊な道具や薬品などを使うとなると身構えてしまいますが、上記のように、誰にでも簡単に出来る作業なので、
今後に備えて、ご自宅の排水溝付近を確認してみてはいかがでしょうか




関連記事

テーマ:生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル:ライフ

  1. 町屋店
  2. | trackback:0
  3. | comment:0