プラスワン日記

株式会社ハセベから耳寄りな情報と日々の出来事をお届けします




町屋の銭湯 :: 2015/01/28(Wed)

みなさま、こんにちは。

今週は町屋のビジネスホテル『ハセベ町屋イン』よりお届けいたします。


当ホテルがある荒川区は、東京都23区中の人口比でみると、台東区と並んで銭湯が一番多い区になっているそうです。

当ホテルからも、徒歩圏にいくつか銭湯があるのでご紹介いたします。


竹の湯(徒歩約2分) 町屋一丁目21番14号 水曜定休 12時から24時
竹の湯

清吉湯(徒歩約2分) 町屋二丁目10番3号 火曜定休 15時から23時
清吉湯

千代の湯(徒歩約4分) 町屋一丁目6番9号 月曜定休 15時から23時30分
千代の湯

入浴料金は、どちらも460円です。

※ホテルに地図をご用意しておりますので、詳細はお問い合わせください。


大きな湯船に足を伸ばしてくつろげば、ホテルのお風呂とは違った銭湯の魅力を味わえると思います。

当ホテルにお越しの際は、ぜひ足を運んでみてください。

ご予約はコチラから →→→ 【ハセベ町屋イン】

関連記事

テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

  1. ハセベ町屋イン
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

木造で・・・ここまでやるの?! 【ユナイテッドワンΛ~ベースパック編】 :: 2015/01/22(Thu)

 今週はちょっと専門的なお話を設計部からお届けします

ハセベの新商品『ユナイテッドワンΛ(ラムダ)』
工事が始まりました!!

耐力壁の代わりに、高耐力を発揮できるフレームを使用した新しい軸組工法です
今回は基礎の部分だけお見せします♪

このフレームは高耐力を発揮できるのですが、柱脚にかかる負担も大きくなります。
柱脚の金物と基礎を直結しなければならないのですが、問題なのは施工精度。
基礎には鉄筋が入っているので、ミリ単位で鉄筋を避けながらアンカーボルトを入れるのは至難の業です。

これを可能にしたのが、岡部株式会社さんと株式会社タツミさんで共同開発した「BS2」という金物。
なんとベースパックを使います!

ベースパック・・・???
木造の建物では聞き慣れない名前ですが、鉄骨造で使われる商品です。
ざっくり説明しますと
BP3.jpg  BP4.jpgBP5.jpg

これをステコンに設置して  基礎を作ったら柱を設置して    隙間にグラウト(無収縮モルタル)を注入


施工精度も強度もバッチリ
これを木造に使いました!!

ベースパック ベースパック
施工は専門業者の方が行います。
写真はステコンにベースパックを設置している所です。
このミリ単位での作業・・・職人さんってすごいですね。


ベースパック 設置が完了した所。
基礎を施工する間に動かないように、きっちり固定します。

基礎を作ったら隠れてしまうので、こんな大掛かりな事をしているなんて誰も思わないんだろうなぁ・・・。(ちょっと残念)



さて、ユナイテッドワンΛがこの後どうなるのか
乞うご期待!!!



to be continued・・・




関連記事

テーマ:住まい リフォーム - ジャンル:ライフ

  1. 設計部
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

あらかわ区報に広告を掲載しました :: 2015/01/21(Wed)

2015年1月21日号の「あらかわ区報」に広告を掲載しました。
20150121あらかわ区報
「あらかわ区報」は区内の駅や、区の施設などで手にすることができます。(荒川区HP

また、荒川区HPでもご覧頂けます。(広告は3面右下にあります。)


関連記事

テーマ:地域情報 - ジャンル:ニュース

  1. お知らせ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

お参り :: 2015/01/15(Thu)

こんにちは
今週は経理部が担当します。

成人式も終わり、あっという間に1月も半ばとなりました。
2年前の成人式の日は大雪で大変でしたが
今年は皆様いかがお過ごしでしたでしょうか?

私は厄年の為
厄祓いの御祈祷を受けにお参りに行ってまいりました。
厄年には、厄祓い・厄除け祈願・厄落としなどをするのが良いと言われています。
祓い清め、厄年を無事に過ごせるようにお願いしてきました

鳥居

社殿での参拝は、人々の願いをこめた祝詞が読み上げられました。
様々な人の様々な願いを聞き、自分もあらためて身が引き締まりました。

厄祓いはお正月から節分までにされる方が多いですが
誕生日などの節目や、「厄年だ!」と気が付いた時期に行っても良いそうです。
忘れがちなのが、後厄の翌年の「御礼参り」です。
災厄から守ってくださった神様に御礼をすることが何より大事ということです。

昨年は何事もなく過ごすことができましたので、
今年も穏やかに気をつけて過ごしていこうと思います
また、
「心身ともに疲労する時期と重なり体力が低下しやすいので、
これを機にメディカルチェックをするなど、健康に留意するのも厄年の意義のひとつ」
ということで、
今年は自分の体のメンテナンスにも目を向けていきたいと思います

絵馬

メンテナンスといえば、人を守ってくれている家についても
大掃除で気になった窓や扉、
また、年が変わり新たに気になった建付や不具合がございましたら
この機会に、ぜひお気軽にハセべまでご相談ください


ご参考までに
参拝した神社は、厄除けで有名な東京都府中市にある大國魂神社です。
大國魂大神(オオクニタマノオオカミ)を武蔵国の守り神としてお祀りした神社で
他に福の神、または縁結びの神としても有名です

関連記事

テーマ:神社 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 経理部
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

今年の干支は… :: 2015/01/07(Wed)

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します

今回は、町屋店から今年の干支 「未 (ひつじ) 」 について、お話しさせて頂きます。

そもそも 「 未 (ひつじ) 」 は十二支の表しかたで、十干十支では 「 乙未 (きのとひつじ) 」と言います。
また 「 干支 (えと) 」 は 「 十干 (じっかん) 」 と 「 十二支 (じゅうにし) 」 の組み合わせによるもので、
2015年の場合は…

十干 「 乙 (きのと) 」  十二支   「 未 (ひつじ) 」 「 乙未 (きのとひつじ)」 となります。

次に、その 「 十干 」 と 「 十二支 」 について紐解いていきましょう。
干支 (えと) の 「 干 」 は 「 十干 」 のことで、甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・葵 の10種類を言います。
古代中国では、10日を1旬と呼んでおり、今でも 「 1月上旬 」 などと、ひと月を10日ごとに分けるのは、
その名残りとされています。

十干は、陰陽五行説と深く関係し、「 木 ・ 火 ・ 土 ・ 金 ・ 水 」 の五行と 「 陰 ・ 陽 」 の 「兄 (え) ・ 弟 (と)」 に
分けたものに対応させるようになったそうです。

「木」→ 甲 : きのえ     乙 : きのと
「火」→ 丙 : ひのえ    丁 : ひのと
「土」→ 戊 : つちのえ   己 : つちのと
「金」→ 庚 : かのえ    辛 : かのと
「水」→ 壬 : みずのえ   癸 : みずのと

末尾が 「 兄(え) 」 で終わるものが 「 陽 」 末尾が 「 弟(と) 」 で終わるものが 「 陰 」 となり 「 え と 」 の
呼び名はこれが由来とされています。

十二支も、古代中国で生まれたもので、惑星のうちもっとも尊い星である木星が、約12年で天球を一周することから、
天空の方角を12に分け、それぞれの方角の記号として、動物の名を付けたのが始まりと言われています。

十二支にも 「 陰 」 と 「 陽 」 があり…
陰 : 子(ね) ・ 寅(とら) ・ 辰(たつ) ・ 申(さる) ・ 午(うま) ・ 戌(いぬ)
陽 : 丑(うし) ・ 卯(う) ・ 巳(み) ・ 未(ひつじ) ・ 酉(とり) ・ 亥(い)

「 陰 」 と 「 陽 」が交互になっているのが分かりますね

十干十二支は60年周期
干支本来は十干十二支を組み合わせたものです。最初の 「 甲(きのえ) 」 と 「 子(ね) 」 を組み合わせた
「 甲子 (きのえね)」 から始まり、「 癸亥 (みずのとい) 」 まで60種類あります。
つまり、60種類の干支がひとまわりして同じ干支が巡って来るのが 「 還暦 」というわけです。 
※2015年は32番目の「乙未(きのとひつじ)」になります。

ひつじあれこれ
羊毛は、さまざまな可能性を秘めている素材ともいえます。
例えば、速乾性、調湿機能 ・ 耐久性 ・ 防音性 ・ 難燃性 ・ 空気中の化学物質を浄化する機能・それに断熱材としても
大活躍をしています。現在では、園芸分野や廃物羊毛の堆肥化の研究、タンカーの座礁事故の原油回収など多岐に
わたって各方面から注目されています。

また、羊は群れをなすことから 「 家族の安泰 」 を表すとされており、いつまでも 「 平和 」 に暮らすことを
意味しています。干支の特徴としては、「 穏やかで人情に厚い 」 「 財テクの才能がある 」 と言われ、
財を成すのに向いている人も多いそうです



関連記事

テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 町屋店
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

建築技術に取り上げられました :: 2015/01/07(Wed)

建築技術No.780表紙

 建築技術1月号に

 「道の駅あいづ 湯川・会津坂下」が掲載されました。


 ハセベの名前は出てきませんが、

 交流促進施設の加工・建て方に参加していました。











 こちらが交流促進施設の施工現場の様子です。

あいづ現場1

上の写真はまだまだ途中ですが、現場が進むとその大きさがよくわかります。

あいづ現場2 あいづ現場3

屋根を支える張弦梁(ちょうげんばり)。上の写真、右側に写る逆三角形の部分です。

ここには「金輪継(かなわつぎ)」という伝統的な継手が使われています。

左下の写真が実際に工場で加工された継手で、右下の図のように継いだところに込み栓を打ちます。

テスト加工1  金輪継

そして、下の写真がテスト加工で作成した張弦梁です。

込み栓ではなく、三角の頂点から伸びる短材が刺さっています。

テスト加工2 テスト加工3

テスト加工4

補強のためボルトで留めていますが、

元ラガーマンの工場社長がぶら下がってもびくともしない強度です!


関連記事

テーマ:道の駅 - ジャンル:旅行

  1. お知らせ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

新年のご挨拶 :: 2015/01/05(Mon)

謹賀新年

昨年中は格別のご厚誼を賜り厚く御礼申し上げます。

本年も一層の技術とサービス向上を目指し、

社員一同、誠心誠意努める覚悟で御座います。

何卒倍旧のご支援のほどをお願い申し上げます。

平成27年1月5日

20150105新年のご挨拶 


関連記事

テーマ:年末年始、お正月 - ジャンル:ライフ

  1. お知らせ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0