FC2ブログ

プラスワン日記

株式会社ハセベから耳寄りな情報と日々の出来事をお届けします




今年の干支は… :: 2015/01/07(Wed)

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します

今回は、町屋店から今年の干支 「未 (ひつじ) 」 について、お話しさせて頂きます。

そもそも 「 未 (ひつじ) 」 は十二支の表しかたで、十干十支では 「 乙未 (きのとひつじ) 」と言います。
また 「 干支 (えと) 」 は 「 十干 (じっかん) 」 と 「 十二支 (じゅうにし) 」 の組み合わせによるもので、
2015年の場合は…

十干 「 乙 (きのと) 」  十二支   「 未 (ひつじ) 」 「 乙未 (きのとひつじ)」 となります。

次に、その 「 十干 」 と 「 十二支 」 について紐解いていきましょう。
干支 (えと) の 「 干 」 は 「 十干 」 のことで、甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・葵 の10種類を言います。
古代中国では、10日を1旬と呼んでおり、今でも 「 1月上旬 」 などと、ひと月を10日ごとに分けるのは、
その名残りとされています。

十干は、陰陽五行説と深く関係し、「 木 ・ 火 ・ 土 ・ 金 ・ 水 」 の五行と 「 陰 ・ 陽 」 の 「兄 (え) ・ 弟 (と)」 に
分けたものに対応させるようになったそうです。

「木」→ 甲 : きのえ     乙 : きのと
「火」→ 丙 : ひのえ    丁 : ひのと
「土」→ 戊 : つちのえ   己 : つちのと
「金」→ 庚 : かのえ    辛 : かのと
「水」→ 壬 : みずのえ   癸 : みずのと

末尾が 「 兄(え) 」 で終わるものが 「 陽 」 末尾が 「 弟(と) 」 で終わるものが 「 陰 」 となり 「 え と 」 の
呼び名はこれが由来とされています。

十二支も、古代中国で生まれたもので、惑星のうちもっとも尊い星である木星が、約12年で天球を一周することから、
天空の方角を12に分け、それぞれの方角の記号として、動物の名を付けたのが始まりと言われています。

十二支にも 「 陰 」 と 「 陽 」 があり…
陰 : 子(ね) ・ 寅(とら) ・ 辰(たつ) ・ 申(さる) ・ 午(うま) ・ 戌(いぬ)
陽 : 丑(うし) ・ 卯(う) ・ 巳(み) ・ 未(ひつじ) ・ 酉(とり) ・ 亥(い)

「 陰 」 と 「 陽 」が交互になっているのが分かりますね

十干十二支は60年周期
干支本来は十干十二支を組み合わせたものです。最初の 「 甲(きのえ) 」 と 「 子(ね) 」 を組み合わせた
「 甲子 (きのえね)」 から始まり、「 癸亥 (みずのとい) 」 まで60種類あります。
つまり、60種類の干支がひとまわりして同じ干支が巡って来るのが 「 還暦 」というわけです。 
※2015年は32番目の「乙未(きのとひつじ)」になります。

ひつじあれこれ
羊毛は、さまざまな可能性を秘めている素材ともいえます。
例えば、速乾性、調湿機能 ・ 耐久性 ・ 防音性 ・ 難燃性 ・ 空気中の化学物質を浄化する機能・それに断熱材としても
大活躍をしています。現在では、園芸分野や廃物羊毛の堆肥化の研究、タンカーの座礁事故の原油回収など多岐に
わたって各方面から注目されています。

また、羊は群れをなすことから 「 家族の安泰 」 を表すとされており、いつまでも 「 平和 」 に暮らすことを
意味しています。干支の特徴としては、「 穏やかで人情に厚い 」 「 財テクの才能がある 」 と言われ、
財を成すのに向いている人も多いそうです



関連記事

テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 町屋店
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

建築技術に取り上げられました :: 2015/01/07(Wed)

建築技術No.780表紙

 建築技術1月号に

 「道の駅あいづ 湯川・会津坂下」が掲載されました。


 ハセベの名前は出てきませんが、

 交流促進施設の加工・建て方に参加していました。











 こちらが交流促進施設の施工現場の様子です。

あいづ現場1

上の写真はまだまだ途中ですが、現場が進むとその大きさがよくわかります。

あいづ現場2 あいづ現場3

屋根を支える張弦梁(ちょうげんばり)。上の写真、右側に写る逆三角形の部分です。

ここには「金輪継(かなわつぎ)」という伝統的な継手が使われています。

左下の写真が実際に工場で加工された継手で、右下の図のように継いだところに込み栓を打ちます。

テスト加工1  金輪継

そして、下の写真がテスト加工で作成した張弦梁です。

込み栓ではなく、三角の頂点から伸びる短材が刺さっています。

テスト加工2 テスト加工3

テスト加工4

補強のためボルトで留めていますが、

元ラガーマンの工場社長がぶら下がってもびくともしない強度です!


関連記事

テーマ:道の駅 - ジャンル:旅行

  1. お知らせ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0