プラスワン日記

株式会社ハセベから耳寄りな情報と日々の出来事をお届けします




スタッフ募集中 :: 2014/05/08(Thu)

こんにちは。
木々が新緑の葉を広げ、爽やかな風が吹き込む季節となりました。
こんな季節にぴったりの一枚の写真

建築部スタッフ
【平成26年2月撮影】

当社建築部の爽やかな面々です
現在、建築部において施工監理スタッフを募集しています。
募集に際し、某求人サイトに掲載をしました。
昨年の夏の営業社員募集と同じく、求人サイトだけでは勿体ないので…

掲載にあたり、現役施工管理スタッフにインタビューを行いました。
しかしながら、情報量の関係により大幅にカットされてしまいました。
つきましては、そのインタビュー内容をブログにて公開いたします。
回答者はベテラン施工管理スタッフ(40代)です

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
質問① 入社動機を教えてください
前職も建築会社に勤務していましたが、当時の不景気の煽りで倒産してしまい、同じ建築業界で求職をしていたときに当社を知り入社することになりました。
地元に根付いている会社であることと、独自の工法にて建築をしているところに魅力を感じました。

質問② この仕事をやっていて良かったと思えることは?
建物が完成するまでには様々な苦労や失敗もありますが、お客様が入居されて、感謝の言葉をいただいたときに物づくりの楽しさや達成感が味わえることです。

質問③ ハセベの魅力は?
当社は各部署との横の繋がりが強く、社員皆で一つの仕事を作り上げるチームワークがあります。
また、様々な問題点も皆で解決していこうという社風があります。

質問④ 仕事の厳しさや難しさを感じるときは?
現場管理の仕事とは、その現場で働く人たちを如何に効率よく動かせるかが重要です。
いくら経験を重ねていても、予定通りに工事が進まないこともあります。
仕事内容をうまく伝えるためにも、コミュニケーションが如何に大事か日々痛感しています。

質問⑤ 職場の雰囲気は?
上下関係は厳しくなく、横の繋がりを重視しています。
営業・建築・設計の各部署が同じ社内にいるので、意思の疎通もしやすく、問題点の解決策やアイデアなどがスピーディに反映されています。

質問⑥ 最後に一言お願いします
当社においては、戸建て住宅だけではなく、大規模木造建築や太陽光発電施設の建築運営、公共工事など様々な事業を展開しています。
一つのことに拘らず色々なことに挑戦していくことに意欲的な会社です。
その中で、仲間に信頼される能力や資質を身につけ、自らの可能性を広げていきたいです。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


『適材適所』という言葉があります。
この言葉の語源は、伝統的な日本家屋や寺社などの建築現場において、多種多様ある木材の中から、それぞれの特性を活かし適した箇所に使い分けるということです。
現在においては、会社などの団体の中で、その人の適性や能力に応じ、それにふさわしい地位や業務に就かせるということで使用されています。

『当社が必要としているのは人材ではなく人財です』
当社の会長の言葉です。社員は材料ではなく財産であるということです。
建築部員のインタビューの中にもあるように、当社は様々な事業を展開しています。
その中で各々の社員が自らに適した業務を行い、自らをより高めることが出来ます。
社員にとっては会社での業務が財産となります。
『適材適所』ではなく『適財適所』です。
財産に適する社員が自らに適する業務を行えるのです。

社員のことを財産と考える会社で、自らの可能性を広げてみませんか。
施工管理スタッフだけではなく、設計スタッフ、営業スタッフも随時募集しています。

詳細につきましては、当社の経理部までお問い合わせください。
関連記事


テーマ:求人情報 - ジャンル:就職・お仕事

  1. 経理部
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<アトリエ | top | 現地販売会のお知らせ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hasebeplusone.blog.fc2.com/tb.php/203-9dc2f152
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)