FC2ブログ

プラスワン日記

株式会社ハセベから耳寄りな情報と日々の出来事をお届けします




木造で・・・ここまでやるの?! 【ユナイテッドワンΛ~建方編】 :: 2015/04/06(Mon)

こんにちは!設計部Yです。今回は・・・
ユナイテッドワンΛ 続編です!

前回の記事はこちら
木造で・・・ここまでやるの?! 【ユナイテッドワンΛ~ベースパック編】



前回ビシっと位置を決めたアンカーボルトに金物を設置しました。金物1
う~ん、素敵な精度ですね

左下に穴の開いた金具が付いているのですが、そこから「グラウト」と呼ばれる
無収縮モルタルを充填します。






充填完了がこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


グラウト 
ボルト部分の穴からグラウトが出てくれば充填OK!

ちなみに建方後にこの作業を行います。
なので柱とフレーム材はすでに施工されています。










さて、ここからがユナイテッドワンΛの全貌です!

全景 正面開口

正面から見た開口部
斜めの材は高力ボルトで接合します。

接合は、きちんと講習を受けた人が施工します。

1階、2階ともほぼ全面開口です。
普通の耐力壁で設計した場合、まず無理でしょう・・・。





2階内部
右の写真
2階を全体的に撮ってみましたが
 
壁が少ない広い



正面は斜めのブレース2本でしたが、内部には
Kの様な形に組んだブレースが入っています。

このように納まりによって形を変えたブレースを
1階4箇所、2階4箇所に設置するだけで
構造的にはOKなのです。



高耐力 
1階にある一番強いフレームです。

壁倍率換算で
なんと・・・25倍


ここに通常の合板耐力壁を配置しても、9倍程度です。
う~ん。木材でここまでできるんですね、






ユナイテッドΛが本領を発揮するのは、本来は大スパンの架構です
このように耐力壁の代わりに使うこともできますが、意匠設計と構造設計の両方から間取りを作り上げていかないと難しいです。
ご相談の際には是非プラン段階から一緒にお仕事させて下さい


ハセベでは、木構造に力を入れた建物を設計・施工しています!
木造のことならハセベにご相談下さい
関連記事


テーマ:知っておいて損はない!! - ジャンル:ビジネス

  1. 設計部
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<那須塩原高原ソーラー発電所 | top | 遠くとも 一度は詣れ善光寺>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hasebeplusone.blog.fc2.com/tb.php/287-6e9fc59e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)